守口漬・奈良漬の製造販売 手造工房 扶桑守口食品『漬処 壽俵屋』

守口漬
守口漬・奈良漬の製造販売 手造工房 扶桑守口食品『漬処 壽俵屋』

産地の工房から

 

最近の記事

 

 

漬処壽俵屋 モバイルサイト

モバイルショップ 漬処 壽俵屋

こちらからどうぞ

 

20190222

イベント出店のお知らせ

読売犬山ハーフマラソン「おもてなしコーナー」に出店します。
2月24日日曜日8時30分から終了まで
スタート・フィニッシュ地点の内田防災公園にて
名産品の守口漬はじめお漬物や守口漬を使ったスイーツなど販売いたします。
ナンバーカードに印刷されたクーポンもご利用いただけますので是非お立ち寄り下さい。

 

     

 

 

20190221

お葉書紹介

本日のお葉書
群馬県の百貨店催事にお越しいただいた70代女性からです。

「守口漬と思いましたが、試食をしたいへんおいしかったので三種類の漬物を買いました。粕はサケを漬けこんで楽しみました。
おいしかったです。
次回の出会を楽しみにしています。」(原文のまま)

 

   

 

 

20190220

お客様のお声

壽俵屋では一部商品にアンケート葉書を同梱してお送りしています。
そして有難いことにお客様からご記入いただいたアンケート葉書が毎日のように扶桑總本家に届きます。
貴重なご意見ご感想をそのままにしてしまうのはもったいないので今後この場を利用して皆様にご紹介させていただこうと思います。

早速本日のお葉書は遠く愛媛県からいただきました。60代女性Aさんです。
たいへんおいしくいただきました。
守口大根はじめて目にしてびっくりしました。また味もじっくりとなじんでやさしい味でした。近くで販売していないのが残念です。
もう一度食べてみたい思いです。(原文のまま)

 

   

 

 

20161120

菊芋入荷

今年も菊芋が入荷しました。
11月12日頃から2〜3日掛けて掘り出した菊芋を
長野県上伊那郡まで引き取りに行ってきました。
去年同様の実がしっかりとしまった色白な菊芋は、扶桑の空の下できれいに洗われています。
紅葉率100%の長野はりんごの収穫が始まったばかりで、
国道沿いのりんご畑には真っ赤に色づいたりんごがたわわに木になっており、
収穫されるのを待ち望んでいるかのようでした。
四方を山に囲まれた上伊那の山の頂上付近にはうっすらと雪が積もっていました。
塩澤さんがダッチオーブンで焼いておいてくれた焼き芋はしっとり&ほくほく甘くてとても美味しかったです。

 

 

 

20160618

菊芋の生産者さんを訪ねて

菊芋の生産をお願いしている塩澤さんを訪ねて長野県まで行ってまいりました。
山あいの畑の菊芋は逞しく、生命力の強さをみなぎらせていました。今1mくらいのものが秋には4mにもなるそうです。地上の高さの分、地下茎も長く伸びる訳で、収穫時に広範囲を掘り当てなければならないのが一番大変なのだそう…大きく立派な菊芋に成長して塩澤さんにご苦労をおかけすることでしょうね!秋には4mに成長した菊芋を見てみたいものです。その時には塩澤さんおすすめの梨も是非拝見したいです!それまでウチに嫁入りする予定の菊芋の事、よろしくお願い致します。

 

   

 

 




[ NEXT>> ]

(1/14)

 

 

Copyright(c)2012 漬処 壽俵屋 All Right Reserved.

Database Factory