守口漬・奈良漬の製造販売 手造工房 扶桑守口食品『漬処 壽俵屋』

守口漬
守口漬・奈良漬の製造販売 手造工房 扶桑守口食品『漬処 壽俵屋』

産地の工房から

 

最近の記事

 

 

漬処壽俵屋 モバイルサイト

モバイルショップ 漬処 壽俵屋

こちらからどうぞ

 

20161120

菊芋入荷

今年も菊芋が入荷しました。
11月12日頃から2〜3日掛けて掘り出した菊芋を
長野県上伊那郡まで引き取りに行ってきました。
去年同様の実がしっかりとしまった色白な菊芋は、扶桑の空の下できれいに洗われています。
紅葉率100%の長野はりんごの収穫が始まったばかりで、
国道沿いのりんご畑には真っ赤に色づいたりんごがたわわに木になっており、
収穫されるのを待ち望んでいるかのようでした。
四方を山に囲まれた上伊那の山の頂上付近にはうっすらと雪が積もっていました。
塩澤さんがダッチオーブンで焼いておいてくれた焼き芋はしっとり&ほくほく甘くてとても美味しかったです。

 

 

 

20160618

菊芋の生産者さんを訪ねて

菊芋の生産をお願いしている塩澤さんを訪ねて長野県まで行ってまいりました。
山あいの畑の菊芋は逞しく、生命力の強さをみなぎらせていました。今1mくらいのものが秋には4mにもなるそうです。地上の高さの分、地下茎も長く伸びる訳で、収穫時に広範囲を掘り当てなければならないのが一番大変なのだそう…大きく立派な菊芋に成長して塩澤さんにご苦労をおかけすることでしょうね!秋には4mに成長した菊芋を見てみたいものです。その時には塩澤さんおすすめの梨も是非拝見したいです!それまでウチに嫁入りする予定の菊芋の事、よろしくお願い致します。

 

   

 

 

20150312

パッケージ

守口大根の産地扶桑町の工房では、直売店の商品の他に量販店向けの商品のパッケージ作業も行われています。
漬込み作業の様子ばかりが取り上げられますが、商品として販売するには欠かせない重要な作業です。
今は一年のうちでも一番平均的な作業量の時期かもしれません。土用の丑の頃にはこの作業場が人と物で埋まります。

 

 

 

2015/02/13

小学3年生の見学

地元扶桑町の小学校からはいつも3年生が社会科見学に来られます。
1月に守口大根掘りの後、見学の予定だったのがインフルエンザの猛威で延期になっていた高雄小学校の皆さん!
今日は元気に80名以上の3年生が来られました。
3年生の脚で歩けば1時間近くかかるのではないかと思われる道のりですが、約束の時間ピッタリに到着されたのには驚きました。担当者の説明を熱心に聞いて下さいました。。

 

   

 

 

2015/02/01

新年会

今年も無事新年会を迎えることができました。
このところ様々な新年会の形を模索しつつ、基本は年頭のセレモニーであり前期活躍した方たちを称える会であるというラインを保ってきました。
去年の反省・今年の目標などを各自発表したり、決められたテーマでグループディスカッションをしたりした年もありましたが、今回はシンプルに表彰のみ。内容はまた少しづつご紹介していきます。
途中、訳あって「べったら漬」と「瓜奈良漬」の食べ比べなどもはさみつつ盛り上りました。
終盤には昨年来社内で募集していたわが社の『ゆるキャラ』コンテストの結果発表も!いずれどこかでお目に留まるかもしれません。こちらも改めてご紹介します。

 

   

 

 




[ NEXT>> ]

(1/13)

 

 

Copyright(c)2012 漬処 壽俵屋 All Right Reserved.

Database Factory